読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄和堂ブログ

鎌倉の端っこにあった書店「栄和堂」僕らはここを「ブックスペース」として本屋の再発明をしていきます。公式HP http://eiwado.space/

鎌倉にある出版社「港の人」の書籍、販売開始!(ゆる連携シリーズ第3弾)

かまくら駅前蔵書室、銀の鈴社に次ぐ、ゆる連携シリーズ第3弾として、鎌倉にある出版社「港の人」の本を販売し始めました。港の人の情報はこちら↓

出版社 港の人・MinatoNoHito

今回のゆる連携は、お客様同士がゆるゆるとつながって、港の人の方(分かりにくいですね笑)の耳に栄和堂が伝わり、実際にご来店頂いたことから始まっております。「まぁお互いにマイナスになることは無いと思うので、とりあえずやってみましょう」というノリでゆるく始まっております。

f:id:wadajr:20160602183942j:plain

栄和堂に入って奥の本棚、トイレの入口の側に港の人コーナーを作成しました。あまりギチギチに並べず、綺麗な装丁が見えるように贅沢に本棚を使っております。なかなか面白そうな本が並んでます。

f:id:wadajr:20160602183707j:plain

その中でも特にオススメなのは、「かまくらパン」です。港の人のHPより、特徴を抜粋します。

日々の暮らしを大切にする人が多く住む鎌倉は、個性豊かなパン屋さんが多くある街でもあります。オールカラー80ページの本書は、鎌倉住民に広く愛されているパン屋さん、近所の人たちが頻繁に通う隠れ家的パン屋さん、2015年にオープンしたばかりのパン屋さんなど計22店を、地元の出版社ならではの目線でご紹介します。

「かまくら」の「パン屋」にフォーカスして1冊の本を作っちゃうなんて素敵!実際、鎌倉って(JR駅の方ですが…)パン屋多いですもんね。この本片手にパン屋巡りなんて面白そう!装丁も可愛いし、サイズもちょうどいいので、手元に1冊置いておきたい本ですね。

ご購入の際はカウンターまでお持ち下さい。もちろん、立ち読みや座り読みもOKですよー。


その他、鎌倉で活動しているクリエーターの作品もご購入頂けます

実は港の人の書籍以外にも、縁あってゆる連携して頂いた様々なクリエーターの作品を販売しております。このタイミングで一挙にご紹介!

余村藍さん

ご近所に住んでいる画家さんです。ポストカードと絵画を販売しております。東京タワーの絵葉書の色が綺麗です。

f:id:wadajr:20160602184920j:plain

山口茉莉さん

こちらもご近所に住んでいる空想建築家の方です。近々鎌倉で個展も開くそうです。個人的に箱に入ってる作品が好き。

f:id:wadajr:20160602184959j:plain

鎌倉エコトバ屋

北鎌倉在住の日本画家と文章家のポストカードです。絵も素敵ですが、文章も読むと面白いです。

f:id:wadajr:20160602184951j:plain

たまねぎさん

鎌倉周辺で活動されているイラストレーター「たまねぎ」さんの作品です。可愛い小物がたくさん!お子様も喜びそう。

f:id:wadajr:20160602185006j:plain

たまねぎさんの詳細はこちら↓

tamanegis.web.fc2.com

檜のしおり

ご近所で版画工房をされている方の作品です。薄い檜に活版印刷で文字を書いております。

f:id:wadajr:20160602184946j:plain

栞に挟んで、くすっと笑ってしまう言葉ばかりで面白いです。この「栞言葉」は、オーダーメイドも可能です。自分のためでも良し、誰かへのプレゼントでも良し、是非ご利用あれー(栄和堂店頭で受け付けてます)

小椋双葉さん

鎌倉で活動されている方で、何回か個展も開いています。色使いが素敵ですね。ペンダントやピアスもあります。

f:id:wadajr:20160602185837j:plain

ゆる連携は随時募集中です

こんな感じで、「本棚を介して人とつながれる」というコンセプトを(ちょっとずつですが)形にしつつあります。あくまで「本棚を介して」ですので、上記のように本が関係なくても基本的には問題ありません。

本棚を「何かをディスプレイして、それを眺めることが出来る。そして(モノによっては)実際に手に触れることが出来て、触覚で感じられる場所」と定義し、それが色々な人によって更新されること目指しています。ご興味のある方はお気軽にご連絡下さいませー。


6月23日に、栄和堂初の音楽イベント「本と音」が行われます。 お申し込み方法:お名前と申込人数をご記入の上、下記いずれかの連絡先までご連絡ください。

  • info@eiwado.space
  • 0467-67-6814
  • Facebookイベントページにて「参加予定」ボタン押下 → 本と音vol.1
  • または店頭でもお申込可能

※詳細はこちら

blog.eiwado.space