読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄和堂ブログ

鎌倉の端っこにあった書店「栄和堂」僕らはここを「ブックスペース」として本屋の再発明をしていきます。公式HP http://eiwado.space/

俗談 えーわ堂マスター

■機械化と手作業

お久しぶりのカフェマスターです。ぼくは団塊世代のど真ん中だからものごころがついた時でも機械化、自動化はまだまだで薪でご飯を炊いて風呂をわかしていた。コンピュータなんて影も形もなかった。そう考えると、この半世紀ほどの変化はすさまじいものがある。

最近では、AI(人工知能)とかIoT(モノのインターネット)といったような言葉がもてはやされているように、人間に取って代わって機械が作業をしてしまうのが拡がっているようだ。ぼくは、もう20年も前にAIをかじったことがあって、化学プラントの運転支援システムを作った。でもそれはまだ人間に替わって何かをするというものではなくあくまで手助けするためのものであった。

いまや、全面的に人間の替りとして機械がやってしまう領域も増えている。単純な作業なら問題はないのだろう。人口が減っていく日本では救世主になるのかもしれない。だから、ぼくらから見るとこれから若い人たちは機械と競争しないところで生きて行かなくてはいけないので大変だなあと思ってしまう。

さて、二人で切り回している栄和堂も機械の手を借りなければやっていけない。その中でも、普段表に出てこないのだが大活躍しているのが“ルンバくん“です。毎日、開店前の30分店中を動きまわって、ゴミを吸い取ってくれます。腰痛持ちの身にとっては大変助かるのでいつもルンバ君ありがとうと言っています。他にも、IHヒーター、食洗機、空気清浄機など昔はなかった道具が手足となって働いてくれています。

f:id:chegor:20160229161359j:plain

その一方で、機械に任すのではなく人間の手でやるものもあります。やはり、機械だと決められたとおりにやるのにはいいのだが、何となく心がないというか“温もり”が感じられないように思います。その点、人間の手だとその状況に応じて変えたり、気持ちが込められるといことがあります。栄和堂のコーヒーはハンドドリップです。ちょっと時間がかかるかもしれませんが、心を込めて丁寧に淹れているつもりです。

f:id:chegor:20160229161635j:plain

時々、美味しかったですよと声をかけられるととてもうれしくて、これからも精一杯おいしいコーヒーを提供し続けようという気持ちになります。ぜひ、機械では味わえない“温もり”が感じられるコーヒーを飲みにきてください。