読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄和堂ブログ

鎌倉の端っこにあった書店「栄和堂」僕らはここを「ブックスペース」として本屋の再発明をしていきます。公式HP http://eiwado.space/

冷蔵庫2台持ち

本日、冷蔵庫が届きました。

カウンター内に収まるような業務用冷蔵庫1台で済ませたいのですが、業務用は初期コストがかかることと、カウンター内にそれほど大きなスペースを取ることができないこと、本格的な料理は提供しないという理由で、カウンター内に小さめ1台、バックヤードに大きめ1台の家庭用冷蔵庫2台持ちにすることにしました。

1台目:カウンター内、小さめ冷蔵庫

まずはカウンター内、小さめ1台目はこちら。

aqua-has.com

引き出しタイプのフリーザーです。このフリーザー、冷蔵、冷温、冷凍の3つの温度を切り替えることができます。そして何より、引き出しタイプなのです。

カウンター内冷蔵庫は使用頻度が高いため、しょっちゅう開け閉めすることになると思います。一般の扉タイプだと、その度に屈む必要があります。この動作が意外と足腰にくるんですよね。元キッチンメーカーに勤めていた私は、この引き出しにこだわりました。親父も腰に来るだろうし…。

f:id:wadajr:20151103221613j:plain

実際に届いた商品はこちらです。結構デカ目でビビりましたが、なんとか二層シンクの横に収まりました。

f:id:wadajr:20151103221637j:plain

こんな感じで引き出して使えます。これであれば、屈む動作が少なくて済みます。よかったよかった。

2台目:バックヤード、大きめ冷蔵庫

バックヤード内、大きめ2台目はこちら。

aqua-has.com

はい。またもハイアールですコストがかからず、少し大きめのものというニーズにピタリとハマってしまい購入致しました。

f:id:wadajr:20151103221659j:plain

やはりかなりでかいですね。272Lあります。

f:id:wadajr:20151103221721j:plain

これはいたって普通の2ドアモデルです。ここに予備のドリンク類や燻製の材料等を冷やしておく予定です。これだけの容量があれば、十分対応できるでしょう。よかったよかった。


栄和堂では、家庭用冷蔵庫2台持ちという手段を取りましたが、正直それほどのコストはかかりませんでした。ただ家庭用は壊れやすいらしいので、今後の冷蔵庫兄弟の頑張りを見守っていきたいと思います。頑張れAQUA!