読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄和堂ブログ

鎌倉の端っこにあった書店「栄和堂」僕らはここを「ブックスペース」として本屋の再発明をしていきます。公式HP http://eiwado.space/

アイリッシュ・コーヒーとコーヒー焼酎

栄和堂ではコーヒーとお酒を販売します。

せっかくどっちも出すんだから、コラボさせちゃえ!

ってことで、コーヒーを使ったアルコールメニューを試作しています。

アイリッシュコーヒー

まずはアイリッシュコーヒーです。ドリップしたホットコーヒーに角砂糖を入れてかき混ぜて溶かした後、アイリッシュウィスキーと生クリームを浮かせて完成です。

f:id:wadajr:20151021223712j:plain

練習の成果もあり、コーヒーを入れるのはだいぶ慣れてきました。角砂糖はコーヒー用のペルーシュ、アイリッシュ・ウィスキーは定番のジェムソンを使います。

ただ、最後の生クリームの塩梅が難しいのです。

f:id:wadajr:20151021223708j:plain

まず試したのは、既にホイップされているタイプ。コストはちょっと高くなりますが、生クリームを泡立てる必要が無くオペレーションが回しやすいので、第一候補としました。

f:id:wadajr:20151021223715j:plain

飲んでみると…「ちょっと甘いかなー」って感じ。

やはりケーキなどのデザート用なので、かなり甘く、そして固めに作られており、アイリッシュコーヒーとの相性もそれほど良くなさそう。うーむ…。

f:id:wadajr:20151021223722j:plain

続いて試したのは、牛乳パックの小さいのに入っているタイプ。泡立てる必要があるタイプです。これに砂糖を入れた後、氷水につけながらあえて手動で泡立てます。かなりさらさらな生クリームが出来上がりました。

f:id:wadajr:20151021223717j:plain

飲んでみると…美味い!

先ほどよりは甘くなく、さらさらしていてコーヒーとよくマッチングします。飲んだ後、お決まりのヒゲも出来そう!これを名物メニューにしたいなー。

コーヒー焼酎

f:id:wadajr:20151021223704j:plain

続いての試作品は焼酎です。焼酎にコーヒー豆を3日間〜1週間漬け込みます。写真は漬け込んでから三日目の焼酎です。

とりあえずロックで飲んでみると…「まだコーヒーの漬け込みが足りない」って感じです。ただ1週間くらい経てばもっとおいしくなりそう!

このコーヒー焼酎、普通の焼酎より飲みやすいです。コーヒーを漬けることによって、焼酎のツンとしたクセがまろやかになってほのかに甘くなるんですね。ロックでも全然いけます。試しにお湯割りでも飲んでみましたが、よりコーヒーの香りが引き立って良い感じです。


今後も(親父と一緒にベロベロになりながら)試作品を作っていきます。栄和堂のちょっとめずらしいお酒メニューにも乞うご期待!