読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄和堂ブログ

鎌倉の端っこにあった書店「栄和堂」僕らはここを「ブックスペース」として本屋の再発明をしていきます。公式HP http://eiwado.space/

変化することを是とする

暑い日が続いておりますが、皆様体調を崩しておりませんでしょうか?

栄和堂は8日間の夏季休業を終え、本日8月18日より通常営業を再開致しました。残暑が厳しい日には、涼しい栄和堂でアイスコーヒーを飲みながら読書なんてのも良いものですよ。皆様のご来店をお待ちしております。

栄和堂の本棚を整理致しました

さて、実は7月某日、栄和堂の本棚を整理致しました。

ビフォーはこちら↓

f:id:eiwado:20160818183630j:plain

そして、アフターはこちら↓

f:id:eiwado:20160818183611j:plain

おかげ様で「ゆる連携」が増えてきたので、委託販売コーナーを3列設けました。この3列に置いてある本や雑貨、絵画、そして音楽機器等は販売しております↓

f:id:eiwado:20160818192418j:plain

棚の高さがバラバラだったのを、「雑誌が余裕で入る高さ」に統一したかったのが、本棚を整理した主な理由です。実は栄和堂の本棚は取り外し可能で、高さを移動できるのです。ただ結構重労働ですけどね…。

f:id:eiwado:20160818183544j:plain

今までは「この本とこの本を一緒の棚に入れたいけど、雑誌は入らないから別の棚に…」というケースがありましたが、これでほぼ全てのサイズが入るようになりました。ざっくりとジャンル別に並べて、手に取りやすいようにあまりぎっちり本を入れないように配置しました。お客様がよく読んでくれる雑誌や生活、写真集等をメインに配置しております。

雑誌サイズが入る高さに棚を移動させてみると、一番上に微妙な高さの棚が残ってしまいました。思い切ってそこは文庫本サイズの棚にして、下の棚とは逆に「ぎっしりと」本を詰めました。こちらの棚には小説や古典などが並んでいます。もし手にとられる方は本棚の一番下が踏み台のようになっているので、そこに登ってお取り下さい。もちろん土足でOKです。

変化することを是としたい

これで、本棚自体を移動する重労働はとりあえず無くなり、本のサイズを気にせずに移動できるようになりました。今後は、一番上の文庫・古典類以外は、定期的にガラガラと入れ替えていきます。

街の本屋さんも、文庫・古典類はあまり入れ替えないですが、雑誌は毎週・毎月入れ替わりますよね。そのペースを目安に栄和堂でも本を入れ替えていきます。栄和堂のお客様もリピーターのお客様は大体2週間〜1ヶ月に1度のペースでご来店頂ける方が多いので、その方々が「お、なんか新しくなってる!?(どこかはよく覚えていないけど)」的な体験を常に提供したいと考えております。

それは本だけでなく、フードメニューも同様です。以前のブログでも記載しましたが 、ホットサンドは中身の種類を変化させることができます。3月から初めて半年経ち、オペレーションのノウハウも溜まってきたので、そろそろ新メニューを開発していきます。ホットサンドファンの皆様、乞うご期待!

読みかけの本には栞を

今後は本をガラガラと入れ替えていきますので、もし読みかけの本がありましたら、本棚にある栞を挟んで置いて下さい。栞を挟んでおけば、その本は基本的に入れ替えませんので。

f:id:eiwado:20160818183508j:plain

そして栞を使い終わったら、栞ボックスに入れてくれると嬉しいです(栞が置いてある棚にあります)。栄和堂の本はほぼ誰かの寄贈で賄われていますので、その本を寄贈してくれた方が栞を見つけ「自分の本が読まれている!」と胸キュンしているはずです。感想等書かなくとも、読んだ本の名前だけでもOKです。

ちなみに栞は今までぺらっぺらの紙に自宅のプリンターで印刷したものを使っていましたが、今回はちゃんと印刷会社に依頼して作りましたので割としっかりしております。


9月5日(月)、栄和堂に村上"ポンタ"秀一さん来襲!

8月18日現在、立ち見席はまだ空いてます!

お申し込みはお早めに!

※詳細はこちら↓

blog.eiwado.space

「かまくら春秋社」の書籍、販売開始!(ゆる連携シリーズ第4弾)

ゆるゆると続いております、「ゆる連携」シリーズの第4弾として、かまくら春秋社さんの書籍を販売し始めました。

www.kamashun.co.jp

鎌倉のある老舗書店の方から、かまくら春秋社の担当者の方へ「なんか深沢地区に栄和堂ってのがあるらしいよ」とお話頂き、あれよあれよと実現致しました。ご縁って本当にありがたいですね!皆様ありがとうございます。

f:id:eiwado:20160804215424j:plain

栄和堂のトイレ横に委託販売オーナーがあるので、そこに置いてあります。「氷川丸ものがたり」や「鎌倉の〜」シリーズ、一部の熱狂的な読者を擁する?「詩とファンタジー」、11歳の少女が書いた詩集、そして、あの鎌倉検定の公式テキストブックも揃えております。これら全部、かまくら春秋社さんから刊行されていたのですねー。

ちなみに鎌倉検定はただ今絶賛申し込み受付中です。わたくし店長も去年3級を受験しましたが、非常に楽しい検定なので、ご興味の有る方は是非受けてみては如何でしょうか?もちろん、テキストブックを栄和堂で買って笑

f:id:eiwado:20160804215939j:plain

さて今回の委託販売開始にあたって、月刊誌である「かまくら春秋」8月号に栄和堂を掲載して頂きました。

58ページのタウンスポットというコーナーです。案の定というか、必然というか、店長がめっちゃ笑顔で載ってますので、興味本位で見てみたい方は是非ご購入を!栄和堂でも良いですし、鎌倉の主要な書店さんには置いてあるはずです。

ゆる連携、ゆるゆると募集中です

こんな感じでゆる連携、随時募集中でございます。なにか栄和堂の本棚やスペースを使って何か出来ればなー、という方はお気軽にお問い合あわせを。素案レベルでもいいですよー。


9月5日(月)、栄和堂に村上"ポンタ"秀一さん来襲!

残り座席15席、立ち見19席です(8月4日現在) お申し込みはお早めに!

※詳細はこちら↓

blog.eiwado.space

2016年9月5日(月)村上"ポンタ"秀一&服部龍生 Special Duo Live を開催します

※チケット申し込みフォームはページ下部にあります


2016年9月5日(月)ブックスペース栄和堂にて、村上"ポンタ"秀一&服部龍生 Special Duo Live を開催します。

f:id:wadajr:20160718122827j:plain

日本有数のドラマー 村上"ポンタ"秀一が鎌倉・深沢にやってくる!

6月に開催した栄和堂初の音楽ライブイベント「本と音vol.1」、おかげ様で満員御礼にて開催されました。

そのFacebookページをある人づてに服部龍生さんのマネージャー様が偶然に見つけてくださったのです。村上"ポンタ"秀一さんと服部龍生さんはこの7月から全国の小さな店舗などを巡りライブを開催しているらしく、本棚に囲まれたライブ写真を見て「是非栄和堂でもライブを!」とお声をかけてくださったのです。いやー、ミラクルって起こるんですね。人のご縁って素晴らしい!

ちょっとだけ音楽に詳しい方なら当然ご存知かもしれませんが、村上"ポンタ"さん、そして服部龍生さんのプロフィールをご紹介致します。

【村上“ポンタ”秀一 (Murakami”Ponta”Shuichi 】Drums

1972年に”赤い鳥”に参加して以降、渡辺貞夫、山下洋輔、坂本龍一、Ray Charles、B.B.Kingら、国内外の超一流ミュージシャンとセッション、さらに井上陽水、山下達郎、松任谷由実、矢沢永吉、沢田研二、桑田佳祐、DREAMS COME TRUEなど、膨大な数のミュージシャンのスタジオ・レコーディング、ライヴに参加。 現在も、サウンド・プロデューサーとしてさまざまなアーティストと新たな音作りを続ける一方、いちドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性と幅広い活動を繰り広げ、今もなお常に進化し続ける世界のトップアーティストである。

詳しくは村上"ポンタ"秀一さんのホームページをご覧ください。

村上"ポンタ"秀一さんは本がお好きだそうで、ご自身の著作もあります。今年1月に発売された「俺が叩いた。」を持ってくれば、ひょっとしたらサインが貰えるかも!?

amass.jp

【服部龍生(Ryusei Hattori)】6 string bass

6弦フレットレスベース一本でオリジナル曲を奏でるソロ演奏家。ベースをクラシックギターのように弾くスタイルで、メロディーの美しさが際立つ立体的な深い響きと豊かな表現力で創りあげる独特の世界観に定評がある。ジャンルに縛られることのない楽曲は年齢や性別を問わず、アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、台湾でのコンサートを通じて海外にもファンが多い。2013年、カホンとのデュオで2枚のCDを全国発売(完売)。

詳しくは服部龍生さんのホームページをご覧ください。

日本有数のドラマーと6弦ベーシストのデュオを間近な距離で観られる!こんな機会、もう無いかも!?ですので、お申し込みご希望の方はお早めに連絡を!


チケット情報

  • 日時:2016年9月5日(月)18:15開場 19:00開演
  • 前売:4,000円 当日4,500円(+要ワンドリンクオーダー500円)
  • 学生割引:小学生1,000円、中高生2,000円、大学生3,000円(+要ワンドリンクオーダー500円)
  • 未就学児:無料(ワンドリンクオーダーも必須ではありません。ご注文は可能です)
  • 定員:70名(座席50名 立ち見20名)
  • お申し込みの先着順で座席枠を確保致します。座席をご希望の方はお早めにお申し込み下さい。
  • 座席の位置は自由席となります。当日お越し頂いた順にお座り頂きます。(開場時間前のご入場、並びはご遠慮下さい)
  • 料金は当日現金にてお支払い頂きます。

※座席枠は完売しました。立ち見枠のみお申込受付中です。残り座席数はこちらでご確認下さい。

お申し込み方法

  • 下記フォームにご記入頂くか、0467-67-6814にお電話、もしくはブックスペース栄和堂店頭にてお申し込み下さい

ブックスペース栄和堂の基本情報はこちらをご参照ください。

eiwado.space

鎌倉にある出版社「港の人」の書籍、販売開始!(ゆる連携シリーズ第3弾)

かまくら駅前蔵書室、銀の鈴社に次ぐ、ゆる連携シリーズ第3弾として、鎌倉にある出版社「港の人」の本を販売し始めました。港の人の情報はこちら↓

出版社 港の人・MinatoNoHito

今回のゆる連携は、お客様同士がゆるゆるとつながって、港の人の方(分かりにくいですね笑)の耳に栄和堂が伝わり、実際にご来店頂いたことから始まっております。「まぁお互いにマイナスになることは無いと思うので、とりあえずやってみましょう」というノリでゆるく始まっております。

f:id:wadajr:20160602183942j:plain

栄和堂に入って奥の本棚、トイレの入口の側に港の人コーナーを作成しました。あまりギチギチに並べず、綺麗な装丁が見えるように贅沢に本棚を使っております。なかなか面白そうな本が並んでます。

f:id:wadajr:20160602183707j:plain

その中でも特にオススメなのは、「かまくらパン」です。港の人のHPより、特徴を抜粋します。

日々の暮らしを大切にする人が多く住む鎌倉は、個性豊かなパン屋さんが多くある街でもあります。オールカラー80ページの本書は、鎌倉住民に広く愛されているパン屋さん、近所の人たちが頻繁に通う隠れ家的パン屋さん、2015年にオープンしたばかりのパン屋さんなど計22店を、地元の出版社ならではの目線でご紹介します。

「かまくら」の「パン屋」にフォーカスして1冊の本を作っちゃうなんて素敵!実際、鎌倉って(JR駅の方ですが…)パン屋多いですもんね。この本片手にパン屋巡りなんて面白そう!装丁も可愛いし、サイズもちょうどいいので、手元に1冊置いておきたい本ですね。

ご購入の際はカウンターまでお持ち下さい。もちろん、立ち読みや座り読みもOKですよー。


その他、鎌倉で活動しているクリエーターの作品もご購入頂けます

実は港の人の書籍以外にも、縁あってゆる連携して頂いた様々なクリエーターの作品を販売しております。このタイミングで一挙にご紹介!

余村藍さん

ご近所に住んでいる画家さんです。ポストカードと絵画を販売しております。東京タワーの絵葉書の色が綺麗です。

f:id:wadajr:20160602184920j:plain

山口茉莉さん

こちらもご近所に住んでいる空想建築家の方です。近々鎌倉で個展も開くそうです。個人的に箱に入ってる作品が好き。

f:id:wadajr:20160602184959j:plain

鎌倉エコトバ屋

北鎌倉在住の日本画家と文章家のポストカードです。絵も素敵ですが、文章も読むと面白いです。

f:id:wadajr:20160602184951j:plain

たまねぎさん

鎌倉周辺で活動されているイラストレーター「たまねぎ」さんの作品です。可愛い小物がたくさん!お子様も喜びそう。

f:id:wadajr:20160602185006j:plain

たまねぎさんの詳細はこちら↓

tamanegis.web.fc2.com

檜のしおり

ご近所で版画工房をされている方の作品です。薄い檜に活版印刷で文字を書いております。

f:id:wadajr:20160602184946j:plain

栞に挟んで、くすっと笑ってしまう言葉ばかりで面白いです。この「栞言葉」は、オーダーメイドも可能です。自分のためでも良し、誰かへのプレゼントでも良し、是非ご利用あれー(栄和堂店頭で受け付けてます)

小椋双葉さん

鎌倉で活動されている方で、何回か個展も開いています。色使いが素敵ですね。ペンダントやピアスもあります。

f:id:wadajr:20160602185837j:plain

ゆる連携は随時募集中です

こんな感じで、「本棚を介して人とつながれる」というコンセプトを(ちょっとずつですが)形にしつつあります。あくまで「本棚を介して」ですので、上記のように本が関係なくても基本的には問題ありません。

本棚を「何かをディスプレイして、それを眺めることが出来る。そして(モノによっては)実際に手に触れることが出来て、触覚で感じられる場所」と定義し、それが色々な人によって更新されること目指しています。ご興味のある方はお気軽にご連絡下さいませー。


6月23日に、栄和堂初の音楽イベント「本と音」が行われます。 お申し込み方法:お名前と申込人数をご記入の上、下記いずれかの連絡先までご連絡ください。

  • info@eiwado.space
  • 0467-67-6814
  • Facebookイベントページにて「参加予定」ボタン押下 → 本と音vol.1
  • または店頭でもお申込可能

※詳細はこちら

blog.eiwado.space

消費者としてでは無く

先日、この本を読みました。

www.kinokuniya.co.jp

西国分寺のカフェ「クルミドコーヒー」の店主、影山さんが、「カフェからはじめる人を手段化しない経済」という副題で書いた本です。

控えめに言って、すごくいい本でした。個人店を経営している人にとっては、大きく頷いてしまうポイントが多数あるのでは無いでしょうか。頭の中がお花畑系の話では無く、かと言って、「こうすれば儲かる!」的なノウハウ系の本でも無い、非常に「中庸」的に書かれています。

お客様の「消費者的な人格」を刺激しない

クルミドコーヒーがポイントカードをやらない理由を以下のように述べています。

お店に来てくださる方の「消費者的な人格」を刺激したくないと考えたからだ。それとは、「できるだけ少ないコストで、できるだけ多くのものを手に入れようとする」人格。つまりは「おトクな買い物」を求める人間の性向だ

クルミドコーヒーでは、テーブルにくるみが置いてあり、お客さんは(理論的には)好きなだけ食べることができます。この消費者的な視点を刺激してしまっていると、このくるみが持ち帰られたり、食べ放題なんだから、と無碍に扱われたりする可能性があります。お店がお客様の消費者的な人格でなく、受贈者的な人格(受け取ったものが大きいので、何かお返しをしたい、という人格)を引き出して付き合えているか、そのバロメータとして、テーブルの上のくるみを捉えているそうです。

消費者的な人格からは本は寄贈されない

本はとかく重いです。持ち運びに苦労します。でも、栄和堂には本を寄贈してくれる人がちょくちょく現れてくれます。寄贈したらコーヒーがタダになるわけでも無いし、ほぼ公式なアナウンスをしていないにも関わらず、です(近々しますね)

これはまさに「消費者的な側面でなく、受贈者的な側面」を覗かせてくれている証拠だと、この本を読んで気付かされました。栄和堂にとって、この本の寄贈が1つのバロメータになるのでは無いかと。

f:id:wadajr:20160529203150j:plain

儲かるか、だけでは無く、価値があるか?

「儲からないでしょう」と言われる度に、「まぁぼちぼちですねー…」とお応えしていますが、なんとも言えない複雑な気持ちになります。

儲かるとは、より少ないコストでより大きな利益を生める、ということで、それは商いとして絶対に必要な視点です。それが無いとお店が潰れてしまう。ただその「少ないコストで大きな利益」という考え方は消費者的な側面と同様の考え方です。それがまずありきなのではなく、その上位の概念として「誰かにとって(これは僕や親父にとっても)価値があるかどうか」、それを徹底して考えるべきなんじゃないかと思います。


6月23日に、栄和堂初の音楽イベント「本と音」が行われます。 お申し込み方法:お名前と申込人数をご記入の上、下記いずれかの連絡先までご連絡ください。

  • info@eiwado.space
  • 0467-67-6814
  • Facebookイベントページにて「参加予定」ボタン押下 → 本と音vol.1
  • または店頭でもお申込可能

※詳細はこちら

blog.eiwado.space